「ブライトエイジ」と「FANCL アクティブコンディショニングEX」どう違う?効果と価格で比べました

 

小じわ・シミ・ハリなど、年齢を重ねるごとに増えていくお肌の悩み。
いざ自分がこういった状態になると、どこから対処すればいいのかわからないものです。
こういった年齢肌のお悩みに直接アプローチしてくれる「ブライトエイジ(BRIGHTAGE)」はハリ・美白・高保湿を叶え、3大肌悩みを全方位から一挙に解決してくれるエイジングケアセットです。
並んで「FANCL アクティブコンディショニングEX」も、肌がもともと持つチカラを底上げし、複数の年齢サインの悩みをまとめて解決してくれると人気なセットです。
では、この2つの違いって何でしょうか。
どちらも年齢肌のお悩みをまとめて解消してくれる商品なので、迷ってしまいます。
そこでこの2つの商品を

 

チェック主要成分
チェック効果
チェック価格

 

この3つの条件から分析してみようと思います。

 

「ブライトエイジ」と「FANCL アクティブコンディショニングEX」比較表

  ブライトエイジ FANCL アクティブコンディショニングEX

主要成分

トラネキサム酸 ナノフィーユミセル アクティブセラミド・適応型コラーゲン

効果

保湿・ハリ・美白 保湿・ハリ・毛穴

価格

5,000円・8,000円(税抜) 1,836円・1,836円(税込)

※化粧水と乳液はセット価格ではなく、単品の価格を表示しています。

 

「ブライトエイジ」と「FANCL アクティブコンディショニングEX」成分はここが違う!

「FANCL アクティブコンディショニングEX」は角層ケアに特化したシリーズで、アクティブセラミドが美しい角層を育み、浸透しやすい独自開発の適応型コラーゲンがコラーゲンを強化。
お肌のハリ・たるみなどの年齢サインに働きかけ、うるおいに満ちたふっくらハリ肌に導きます。
そして乳液が濃密ヴェールでうるおいと美容成分をしっかりキープ。
続けていくことで肌本来の「自活力」を目覚めさせます。
対して「ブライトエイジ」は、医薬品・化粧品に幅広く利用されている抗炎症・美白有効成分のトラネキサム酸を配合。
美容成分で構成されたナノサイズのミセル「ナノフィーユミセル」が角質層まで浸透し、肌奥まで届いて崩れることでたっぷり保湿してくれます。
さらに肌を保護してピンと引き締めるクロス状バリア膜・3Dストレッチネットがうるおいを閉じ込めて、肌表面を引き締めます。
成分としては第一三共が開発している「ブライトエイジ」のほうが、製薬会社としての特殊技術を生かした成分が多く、さらに美容成分との相性が良い「超純水」を使用するなど、細部にわたって成分の質・浸透力・カバー力に優れた製品であることがわかります。

 

「ブライトエイジ」と「FANCL アクティブコンディショニングEX」価格の違いをチェック!

 

ここまで贅沢成分と製薬会社の技術にこだわったエイジングケア「ブライトエイジ」なので、これだけお値段が高価になってしまうのも仕方ないのかもしれません。
対して「FANCL アクティブコンディショニングEX」は両方合わせても3,672円と、お手頃価格になっています。
しかしブライトエイジの乳液は、正確には“乳液状美容液”なので、これ以外のお手入れは必要ありません。
そしてブライトエイジ公式サイトから定期購入コースにお申込みすると、化粧水と乳液状美容液で合計13,000円(税抜)が、特別ご提供価格として初回が2,980円(税抜)で購入できます。
この定期購入コースは最低購入回数の決まりがないので、いつでも解約できるのが魅力です。
他にも「ブライトエイジ」のラインナップがセットになったトライアルキットが、1,400円(税抜)でお得に購入できるセットがあります。
メイク落とし・洗顔料・化粧水と乳液状美容液のセットなので、1度すべてのラインナップを試してみたい方にオススメです。
何より「ブライトエイジ」は製薬会社がエイジングケアに真摯に向き合って完成した商品ですので、すぐに効果が表れるかもしれません。
その点では、効果がすぐに出ない商品を長く買い続けるよりも、お買い得だと思います。

 

ブライトエイジの楽天価格